日本会議 > 国民運動

[報告]10/28 日本会議東京都本部設立15周年記念大会「守ろう!領土・領海 伝えよう!正しい歴史と伝統」が開催さる

安全保障

10月28日、東京・日本青年館で日本会議東京都本部設立15周年記念大会が開催されました。
会場には東京都本部と各支部の役員、日本会議首都圏地方議員懇談会の役員らをはじめ多くの参加者が集いました。

241028tho15-1

第1部「記念式典」では、主催者を代表して日本会議東京都本部の加瀬英明会長が挨拶。
「皇室、経済、国防などあらゆるものに『危ない』を付けると今の日本の現状になる。『危なくないもの』は何かをしっかりと見据え、来るべき国政選挙で新しいリーダーを選ばねばならない」と述べられました。

来賓祝辞として、初めに小田村四郎日本会議副会長が、「中・韓・露などによる反日活動はかつての日本では考えられないことだ。それだけ日本の国力が弱くなっており、政治が使命を喪失しているということだ。私達の運動は無くならないどころか益々重要になっている」と述べられました。

続いて日本会議国会議員懇談会の下村博文幹事長は、「早く解散総選挙に追い込み、国会議員懇談会に200名から300名の日本伝統・文化を守り・国を愛する国会議員を集め、大きな政治の流れを作っていきたい」と力強く語られました。

また、日本会議東京都議会議員懇談会の古賀俊昭会長は、「東京都本部結成の10月25日は、今から68年前、最初の神風特別攻撃隊となった関行男大尉をはじめ5名の軍神が出撃、散華された日である。我々はそのような先人を思いつつ、決意を持って15周年を迎えたい。力の無い外交は必ず敗北する。国への自信、誇り、国防力を皆さんと取り戻していきたい」と述べられました。

その後、第2部・記念シンポジウム「守ろう!領土・領海 伝えよう!正しい歴史と伝統」が開催され、中山恭子参議院議員、拓殖大学教授の呉善花氏、ノンフィクション作家の河添恵子氏をパネリストに迎えてディスカッションが行われました。

241028tho15-2

河添恵子氏は、中国の土地買収問題を具体的に指摘され、「中国は世界的な戦略を持って土地などをハゲタカのように狙っている。日本にはそれを防ぐ法律・条例が無い。日本は多くの中国人留学生を受け入れているが、世界中は中国人留学生を警戒し、フランスでは、情報局がスパイ予備軍であるとしている。中国は騙しても良いが、騙されてはいけないという文化で日本とは全く違う。中国を敵として考えている国は多い。日本が主導権を握りそれらの国と何ができるのか抜本的に外交を変えなければ、日本は生き残れない」と指摘されました。

呉善花氏は、日韓の文化の違いに触れられた上で、「韓国人は、日本人が恐がりで強い者に弱く、大きな声を出すとへこむことを知っている。竹島も、強く言っていれば日本人は諦めるし、日本からは戦争までは仕掛けてこないことを韓国人は良く分かっている。理想は、韓・中と仲良くなって欲しいが、そのためには血の滲むような努力が必要。きれい事だけで日韓、日中関係を良くしようと思うならば、当面は付き合わない方がいい」と述べられました。

中山恭子氏は、日本国家のあり方について、「日本は国際社会の厳しさをあまりにも知らない。領土・国民をしっかりと守る意識が無い限り、国家としては存立しえないし、領土が犯され、国民が拉致されても放りっぱなしでは友好関係は結べない。嘘をつく方が楽で、人を騙して良い思いをする方が簡単だが、日本人は、それを凌ぐだけの高い教育水準を身に着けていた。日本は、世界の文化の中心になり得る国だと私は思っている。先代からの文化を子供達に伝え、人を騙さないが、騙されもしない教養と知識、心の温かさを持った日本人を育てて、強い国として存在していきたい」と述べられました。
シンポジウムの後、祝賀会が開かれ新たな出発が誓い合われました。

241028tho15-3

トピックス : 中国問題尖閣諸島竹島問題

熊本で、「日本の領土守ろう!街頭行進」が行われる(9/30)

安全保障

尖閣諸島の周辺海域で、中国公船が領海侵犯を繰り返す中、熊本県では、9月30日、午後3時から熊本市辛島公園で「日本の領土を守る為の緊急集会・行進」が行われました(主催:日本の領土を守る為の緊急集会実行委員会)。

240930-nipkuma02

始めに辛島公園で集会が行われ、尖閣諸島・竹島に対する中国・韓国の無礼な振る舞いに怒りの声が上げられました。集会の後、熊本市内をはじめ、遠くは福岡、天草から集った参加者は、市内の新市街~下通り~上通りの約1Kmを行進。

240930-nipkuma

日本の領土を侵す中国に対して「尖閣諸島の実効支配の強化を!」など声を上げながら、整然と行進を行いました。街行く人は、プラカードの文字を熱心に見入る方や、一緒に声を上げる方、、拍手やカンパをする方々もおられ、行進に加わってくれる方もおられました。
(日本会議熊本のホームページはこちら→http://www1.ocn.ne.jp/~knippon/)

トピックス : 中国問題尖閣諸島竹島問題

このページの先頭へ

Copyright © Japan Conference. All rights Reserved.