[報告]7/16 北海道で、明治天皇崩御百年、明治の精神を考える講演会が開催さる
日本会議 > 国民運動 > 歴史 > [報告]7/16 北海道で、明治天皇崩御百年、明治の精神を考える講演会が開催さる

[報告]7/16 北海道で、明治天皇崩御百年、明治の精神を考える講演会が開催さる

[報告]7/16 北海道で、明治天皇崩御百年、明治の精神を考える講演会が開催さる

歴史

7月16日、日本会議北海道本部の主催で開催され、安倍晋三元総理、山谷えり子参院議員、伊藤哲夫氏、竹田恒泰氏による講演が行われました。

240716hkd001

7月16日(祝)午後1時より、ロイトン札幌大ホールにおいて、日本会議北海道本部主催・日本会議北海道地方議員懇談会共催・神政連道本部他後援による明治天皇崩御満百年『今、改めて“明治の精神”を考える』が開催され、1200名が参加しました。

当日は、主催者を代表して日本会議北海道本部・田下昌明理事長挨拶の後、来賓を代表して北海道神宮・吉田源彦宮司が祝辞を述べられました。

引き続き講師である参議院議員の山谷えり子氏が「今こそ求められる日本人の覚悟」、日本政策研究センター代表の伊藤哲夫氏が「教育勅語の真実とは」、作家・慶應義塾大学講師の竹田恒泰氏が「明治憲法の根本精神を語る」、元内閣総理大臣・安倍晋三氏が「今、改めて“明治の精神”を考える」と題して、それぞれ講演が行われました。

240716hkd002

講演後は講師によるシンポジュウムが行われ、内憂外患の混迷する現代社会にあって、明治の精神や教育勅語の大切さが解説され、参加者一同深い感銘を受けました。日本会議北海道地方議員懇談会・釣部勲会長の閉会の辞をもって盛会に終了しました。

このページの先頭へ

Copyright © Japan Conference. All rights Reserved.