4/23 都議会議員はじめ地方議員が「石原都知事の尖閣購入発言を支持する緊急集会」を開催―石垣の中山市長も参加、賛同意志を表明
日本会議 > 国民運動 > 安全保障 > 4/23 都議会議員はじめ地方議員が「石原都知事の尖閣購入発言を支持する緊急集会」を開催―石垣の中山市長も参加、賛同意志を表明

4/23 都議会議員はじめ地方議員が「石原都知事の尖閣購入発言を支持する緊急集会」を開催―石垣の中山市長も参加、賛同意志を表明

4/23 都議会議員はじめ地方議員が「石原都知事の尖閣購入発言を支持する緊急集会」を開催―石垣の中山市長も参加、賛同意志を表明

安全保障

4月23日、日本会議首都圏地方議員懇談会は、衆議院議員会館で、「石原都知事の尖閣諸島購入発言を支持する地方議員の会 緊急集会」を開催しました。

東京都議会議員10名を含む都下の議員40名をはじめ60名が参加。石垣市の中山義隆市長、山田吉彦東海大教授、評論家の金美齢氏が賛同のアピールを行い、決議文を採択しました(ページ下方に掲載)。

今後、日本会議首都圏地方議員懇談会では、全国の地方議員に呼びかけ、石原知事を支持する議会決議運動に取り組みます。

●緊急集会の動画をご覧下さい。


●中山義隆石垣市長


開会挨拶:松田良昭神奈川県議会議員
古賀俊昭東京都議会議員(自民党) 、吉田康一郎東京都議会議員(民主党)


●田村琢実埼玉県議会議員 、吉本充千葉県議会議員


●金美齢氏 、東海大学教授・山田吉彦氏


●決議文朗読:吉村辰明豊島区議会議員
閉会挨拶:小礒明東京都議会議員

-----------------------------------------
石原都知事の尖閣諸島購入発言を支持し、実効支配の強化を求める決議

 石原東京都知事は、米国での講演の席上、尖閣諸島を東京都が購入すると発言し、既に所有者との間で取引が最終段階を迎えていることを明らかにした。

 そもそも「日本会議地方議員連盟」では、平成二十二年九月の中国漁船領海侵犯事件以降、「石垣市長の尖閣諸島上陸視察を支持する地方議員署名」を推進し、東京都議会をはじめとする都下各級議会で九五一名、全国では三九五六名の地方議員の賛同署名を集めた。

 また、「日本会議」を中心に取り組まれ全国に広まった「尖閣諸島をはじめわが領土領海を守る国民署名」は二一二万名に達し、政府・国会に対して、尖閣諸島の現地調査の実施、漁民の安全操業のための灯台や避難港の整備、外国漁船の違法操業を取り締まる警備体制を強化し領海侵犯を取り締まる法改正、そして自衛隊に領域警備の権限を付与する法改正を要請してきた。

 こうした国民世論が背景となり、二月二十八日、海上警察権を強化するための海上保安庁法改正案が閣議決定されたが、今日に至るまで審議入りの目処すら立っておらず、国家主権にかかわる問題が国会情勢により棚上げされかねないと憂慮されている。

 政府は現在、日中間に領土問題は存在せず、尖閣諸島は我が国が有効に実効支配していると公言しているが、事実上の入域禁止措置をとり、又、避難港の整備をはじめとする島の利活用に着手する気配すらない。

 一方中国は、尖閣諸島周辺海域への「漁政」「海監」といった政府船舶による領海侵犯を繰り返し、中国共産党系報道機関は「日本の実効支配を打破する」と明言してはばからない。

 このような状況を見る限り、我が国の実効支配は極めて不安定な状況にあり現状を放置すれば、尖閣諸島の支配は中国にとって代わると懸念される。

 言うまでもなく東京都は、小笠原諸島のなかに南鳥島、沖ノ鳥島といった国境離島を行政下におき、沖大東島を所管する沖縄県とは海を通じ近隣自治体の関係にある。国境離島の持つ重要性の認識と、現状への危機意識を持つことは当然であろう。

 尖閣諸島海域は、豊かな漁場、石油、レアメタルなどの海洋資源の観点から言っても東京都民の生活にも有益な海域になり得ると認識している。

 石原都知事の発言は、以上のような情勢に鑑みて、東京都として尖閣諸島の実効支配を強化する姿勢を明らかにしたものと推察される。

 私たちは、石原都知事の尖閣諸島購入発言を支持するとともに、今後、支援の輪を広げるため、全国の各級議会において石原発言を支持する意見書決議運動などを推進するものである。

平成二十四年四月二十三日        
石原都知事の尖閣諸島購入発言を支持する地方議員の会緊急集会

トピックス : 中国問題尖閣諸島沖縄

このページの先頭へ

Copyright © Japan Conference. All rights Reserved.