■■■【録画放映中‼】5月3日(水) 第25回公開憲法フォーラム「国難迫る―急げ、憲法に国防条項、緊急事態条項の明記を!」

■■■【録画放映中‼】5月3日(水) 第25回公開憲法フォーラム「国難迫る―急げ、憲法に国防条項、緊急事態条項の明記を!」

■■■【録画放映中‼】5月3日(水) 第25回公開憲法フォーラム「国難迫る―急げ、憲法に国防条項、緊急事態条項の明記を!」

国民運動憲法関東

                第25回公開憲法フォーラム

 

■ライブ配信は下記から視聴になれます
https://youtube.com/live/R-DAQdowSiQ?feature=share

■視聴アンケート募集中
「5/3公開憲法フォーラム」アンケートに、ぜひご協力ください。
https://forms.gle/xhG7K4Fr6HSX8axx6

と き:令和5年5月3日(水)  14:00~16:00(開場13:20)
ところ:東京・砂防会館別館1F 大ホール
◇東京メトロ「永田町」駅4番出口 1分

テーマ:国難迫る―急げ、憲法に国防条項、緊急事態条項の明記を!

出演者

岸田 文雄氏 自民党総裁  ※ビデオメッセージ
櫻井よしこ氏 ジャーナリスト、主催者代表
田久保忠衛氏 杏林大学名誉教授
柴山 昌彦氏 自民党憲法改正 実現本部副本部長
音喜多 駿氏 日本維新の会 政務調査会会長
濵地 雅一氏 公明党 憲法調査会事務局長
玉木雄一郎氏 国民民主党 代表
井上  隆氏 日本経済団体連合会 専務理事
逢見 直人氏 富士社会教育センター 理事長
島田 和久氏 前防衛事務次官
岩田 清文氏 元陸上幕僚長
河田 惠昭氏 関西大学 特別任命教授
ジェイソン・モーガン氏 麗澤大学准教授

参加費:1000円(大学生以下500円)
お申込:
①WEB申込 ②FAX申込 ◆申込み締め切り 4月30日(日)

共 催:民間憲法臨調、美しい日本の憲法をつくる国民の会
お問い合わせ:℡03-5213-4323 /FAX03-5212-7201

【女性の会の活動だより】

国民運動

【埼玉】皇室制度テーマに葛城氏招く

令和4年11月22日、日本女性の会埼玉主催で憲法おしゃべりカフェを開催、
「皇統を守るために」と題し、葛城奈海氏が講演した。120、名が参加。

 

【岐阜】第79回憲法おしゃべりカフェ

2月28日、日本会議岐阜女性の会は第79回憲法おしゃべりカフェを開催。
白橋国弘氏(元県議会議長)を講師に40名が参加した。

 

【山口】3会場で憲法学習会

3月16日、日本女性の会の村上かおり氏を講師に光市・柳井市・岩国市で
憲法学習会が開催。自衛隊明記・緊急事態条項の創設の必要性が提起された。

 

【福岡】史跡訪問バスツアー

令和4年11月24日、 日本会議福岡県南支部女性部が史跡訪問バスツアーを
実施、太宰府政庁跡・坂本神社(大伴旅人住居跡)を巡った。6年振りの実施で
35名が参加した。

都道府県本部・支部の活動

国民運動

【北海道】 恵庭支部成人式で日の丸の小旗配布

1月8日、恵庭支部が恵庭市の成人式で参列者、同伴者500名に
「成人おめでとうございます」とお声掛けをし日の丸の小旗を配布した。

 

【埼玉】 日高支部定期講演会に220名

「ウクライナ情勢と日本の課題」をテーマに、大塚拓衆議院議員、
ナザレンコ・アンドリー氏(在日ウクライナ人)が講演。220名が参加した。

 

【千葉】令和4年度総会を開催

日本会議千葉は令和4年度総会を2月27日に開催。第2部で「自衛隊明記に
よる憲法改正に賛成ですか?反対ですか?大学生9000名との対話報告」
が行われた。250名が参加。

 

【新潟】長岡で憲法改正研修会


1月21日、長岡市で佐藤正久氏を招き憲法研修会が開催、210名が参加。
自民党県参院第一支部が主催。日本会議県市町村議連・美しい日本の
憲法をつくる県民の会が共催。

 

【石川】時局講演会を開催

3月2日、金沢市内で阿比留瑠偉氏を講師に時局講演会が開催された
(神道政治連盟石川県本部・日本会議石川県本部共催)210名が参加した。

 

【岐阜】道徳教育奨励賞受賞式


日本会議岐阜県本部主催の第18回岐阜県道徳教育奨励賞受賞式が2月11日
行われた。本年は道徳教育に顕著な成果を挙げた岐阜県下の小学校、中学校
各6校に授与された。

 

【大阪】府民に国旗掲揚を呼びかけ

日本会議大阪では、1月27日、国旗制定記念日に御堂筋において
宣伝車4台による国旗掲揚を呼び掛ける広報活動を実施した。DVD
「世界の中の日の丸・君が代」上映会も開催された。

 

【大阪】第11回なにわの塔慰霊祭

2月21日、コロナ禍による中断で3年振りに沖縄県糸満市平和記念公園の
なにわの塔において慰霊祭を斎行。参列者全員で「故郷」を合唱。25名が
参加(主催・神政連大阪府本部)

 

【岡山】竹内洋二氏が講演

日本会議岡山児島支部は倉敷市内で2月23日、建国記念講演会を開催。
式典及び竹内洋二氏(元総社市長)を講師に「誇りある日本を創るシンポジウム」
を行い、160名が参加

天皇陛下御誕生日奉祝行事

国民運動皇室

【千葉】1200名が奉祝記帳

第126代天皇陛下お誕生日をお祝いするご記帳会が:京成千葉駅前広場に
て行われた。(主催・同千葉県民の会、共催・千葉おかみさん会)。
パネルの展示やアトラクションも開催。

 

【富山】護國神社で天長節祭

「第126代天皇陛下 天長節祭」が富山縣護國神社拝殿にて祭行された。関係者30名が参列した。

 

【福井】奉祝大会に200名

天皇陛下御誕生日奉祝大会が福井市内で開催された(主催・天皇陛下御誕生日
福井県奉祝委員会)200名が参集、奉祝式典に続いて奉納芸能祭、皇室に関する映画も上映した。

 

【愛知】駅前で記念品を配布

日本会議愛知県本部では熱田神宮を参拝後、名鉄神宮前駅にてリーフレット
「皇室の伝統を守ろう」とキャンディーをセットにし配布した。活動には10名が参加。

 

【京都】天長節を奉祝し式典

日本会議京都では、天長節祭・奉祝式典を行い、記念講演会も開催。「宮中祭祀について」と
題し山田蓉氏(元宮内庁掌典次長 白峯神宮宮司)が講演した。60名が参加した

 

【岡山】岡山市で天長節奉祝行事

岡山縣護國神社において天長節祭、並びに、日本会議岡山県本部奉祝式典が行われた。50名が参列した。

 

【愛媛】佐波氏が記念講演

日本会議愛媛県本部は松山市で天皇陛下のお誕生日をお祝いする集いを開催。
「日本は大御心の幸ふ國〜天皇陛下のお誕生日を寿いで」と題し佐波優子氏が
講演。70名が参加。

 

【高知】高知市で県民の集い

天皇陛下御誕生日をお祝いする県民の集いが高知市内で開催(主催・同実行委員会)奉祝式典に続いて記念講演会が高野寺住職 の島田善裕氏により行われた。150 名が参加。

 

【熊本】伊勢氏が記念講演

天皇誕生日奉祝式典が熊本市内で行われた(主催・主要祝日等熊本県奉祝会)。伊勢雅臣氏より「世界が称賛する今上陛下の大御心」と題して記念講演が行われた。200名が参加。

日本女性の会の活動【神奈川・大阪・徳島・福岡】

国民運動日本

【神奈川】憲法カフェ保土ヶ谷の集い

10月30(日) 、日本女性の会神奈川が「災害や感染症に強い国づくりを」をテーマに横浜市

保土ヶ谷区で松本尚氏(衆議院議員・日本医科大学特任教授)を招き憲法おしゃべりカフェを

開催。130名が参加した。

 

【大阪】第19回教育講演会

日本会議大阪女性の会は、10月23日大阪市で第19回教育講演会を開催。

「ウクライナを通して見えるもの」と題して小野元裕氏(日本ウクライナ文化

交流協会会長)が講演した。123名が参加した。

 

【徳島】徳島で憲法おしゃべりカフェ

令和4年10月28日、徳島市内で川内時男氏(元公立中学校校長)を講師に憲法

おしゃべりカフェが開催(日本女性の会徳島)、脳科学が示す道徳教育の在り

方について講演され、10名が参加。

 

【福岡】北九州で福岡さくらカフェ

10月15日、北九州市で日本会議福岡女性部が福岡さくらカフェを開催。

西川京子(元衆議院議員)により安倍元総理の業績を踏まえた今後の

憲法改正運動の取り組みについて講演が行われた。20名が参加。

地方議員連盟の活動【中央・東海ブロック・近畿ブロック・広島】

国民運動日本

【中央】役員総会・議員研修会を開催

10月17日、地方議員連盟役員総会・統一地方選挙に向けた議員研修会が開催された。

100名が参加し衆議院議員の高市早苗・松本尚氏・ 新藤義孝氏が講師を務めた。

 

【愛知】東海地方議員連盟設立

10月2日、日本会議東海地方議員連盟結成式が名古屋市に行われた。全国6番目の

の設立で、憲法改正実現にむけて東海各県の地方議員の結集を目指すことが訴えられた。

 

【京都】近畿地方議連が総会開催

9月24日、日本会議近畿地方議員連盟が総会・講演会を京都市内で開催、

100名が参加。:高市早苗氏(経済安保担当大臣)が「日本を守る、未来を拓く」

と題して記念講演を行った。

 

【広島】拉致問題で街頭活動

8月21日、日本会議広島地方議員連盟が拉致問題解決啓発情宣活動を広島市内で

実施。議員連盟加盟議員を中心となり、拉致問題解決へ向け国民意識の向上を訴えた。

都道府県本部・支部の活動より【宮城・茨城・千葉・神奈川・福井・静岡・三重・広島・福岡】

国民運動日本

【宮城】宮城で県本部年度総会

8月20日、令和4年度日本会議宮城県本部総会が仙台市で解された。本年度国民運動

方針が審議され、45名が参加した。

 

【茨城】茨城で教育奨励賞贈呈式

11月17日、水戸市内で日本会議茨城教育奨励賞贈呈式が日本会議茨城が主催し開催された。

秀でた道徳教育の実践活動を行った県下の小学校2校・中学校3校に対し、「日本会議茨城

教育奨励賞」が授与、県教育長も式に参列、35名が参加。

 

【千葉】東葛北部支部会員有志が勉強会

9月10日、柏市で支部会員有志勉強会を開催。小野敏郎氏(千葉教育を正す会会長)

が高校新教科書『歴史総合』各社の比較等を講演した。支部会員12名が参加した。

 

【神奈川】湘南西支部 「感動の日本史」テーマに勉強会

10月12日、平塚市にて湘南西支部が勉強会を開催、服部剛氏(授業づくりJAPAN

横浜代表)がGHQの占領政策について講演。本勉強会は明年9月にかけ10回開催される。

 

【福井】県本部年度総会開催

日本会議福井県本部総会が10月7日、福井市で開催された。20名が参加し、令和4年度

の国民運動方針について審議された。

 

【静岡】富士支部が年度総会

10月30日、:富士宮市で静岡県本部富士支部が年度総会を開き、40名が参加。第2部では、

「皇統継承と楠木正成の時代」と題し勝岡寛次氏(「(麗澤大学特別講師)が講演した。

 

【三重】第25回上映会を開催

10月23日、菰野町で40名が参加し、 日本会議三重四日市支部による上映会

(戦前戦後の随筆家の日常を通し日本人の心を描く「まあだだよ」監督・黒澤明)を開催した。

 

【広島】設立15周年記念講演会

11月23日、日本会議広島三原支部では設立15周年記念時局講演会を三原市で開催。

「知らないと後悔する日本が侵攻される日」と題し佐藤正久氏(参議院議員)が講演。

360名が参加した。

 

【福岡】記念大会に400名参集

10月9日、日本会議福岡では松尾会長就任10周年、県議連・福岡市および北九州市

議連10周年を期し記念大会を福岡市で開催、400名が参加。「安倍元首相が変えた

日本と世界」界と題し江崎道朗氏(評論家が講演した。

各地の憲法改正運動【東京都・兵庫・熊本】

国民運動憲法

 【東京】山谷氏が憲法研修会で講演

11月20日、都第5・6小選挙区国民投票連絡会議主催で憲法研修会が開催

(自民党同選挙区支部共催)。山谷えり子参議院議員が「憲法改正実現に

向けて」と題し講演。60名が参集。

 

【兵庫】神戸でありがとう自衛隊アクション

10月30日、神戸市で「自衛隊ありがとうアクション~自衛隊・緊急事態を

憲法に明記しよう!」が兵庫女性の会メンバーを中心に行われた。マイクで

の訴え、ポケットティッシュ配布、アンケート活動を実施した

 

【熊本】憲法改正を訴える街頭活動

11月3日、熊本市内で北朝鮮がミサイル発射を受け、国民の生命・財産を守る

国防の必要、憲法改正が急務と県民にアピールした。美しい日本の憲法をつく

る熊本県民の会が主催し15名が参加。

安倍晋三元総理追悼行事が各地で開催【埼玉・東京・神奈川・新潟・長野・兵庫・高知・佐賀・長崎・大分・宮崎・鹿児島】

国民運動日本

【埼玉】越谷で百地氏招き憲法講演会

10月29日、埼玉県本部越谷支部が支部総会とあわせ「安倍元総理の遺志継承 ! 憲法講演会」

を越谷にて開催(東部地域支部連合会と共催)。百地章氏が講演し130名が参加した

 

【東京】国会議員3氏を招き追悼トークライブ

10月25日、東京都本部豊島・練馬支部が和田政宗氏(参議院議員)、山田宏氏(同)、

松本尚氏(衆議院議員)を招き元総理追悼のトークライブを開催。元総理の功績、

成し遂げれなかった課題への取り組みが語られた。110名が参加。


【神奈川】阿比留氏を講師に追悼講演会

11月5日、鎌倉市で阿比留瑠比氏(産経新聞社編集委員)、を講師に日本会議神奈川

湘南東支部が講演会「安倍晋三元総理の遺志を継いで」を開催、150名が参加した。

 

【新潟】門田氏招き追悼の研修会

10月2日、門田隆将氏講演会『安倍晋三元総理の志と戦略を次代へ』が長岡市

で開催、450名が参加。自民党参院第一支部主催(共催・美しい日本の憲法を

つくる新潟県民の会)

 

【長野】北信支部で元総理追悼行事

9月8日、長野北信支部は総会において安倍元総理の逝去にあたり黙祷を捧げ、

支部長が追悼の言葉を述べた。総会では織田邦男元空将が講演、80名が参加した。

 

兵庫】兵庫で元総理を追悼する会

7月18日、「安倍晋三元総理を追悼する会」が兵庫県本部総会の第二部として行

われた。160名が参加。第1部では、織田邦男(元空将より講演、憲法改正を訴

える行進も実施。

 

【高知】国葬当日に遥拝所を設置

9月27日、安倍元首相を追悼する高知県民の会が主催し、 高野寺(高知市)に遥拝所

を設けて政府の国葬の儀に合わせ、無宗教形式で献花を行った。250名が参加した。

 

【佐賀】佐賀で安倍元首相を偲ぶ会

10月1日、佐賀市内で「安倍晋三元首相を偲ぶ会」が同実行委員会主催で開催。

黙祷、参列者による献花および衛藤晟一参議院議員による特別講演開催、300名が参加。

 

【長崎】安倍氏を偲び追悼の神事

9月23日、長崎県神社庁会館にて追悼の神事が行われ、安倍元総理の記念講演ビデオを

視聴した。30名が参列した(日本協議会・日本青年協議会長崎県支部主催)。

 

【大分】弔意と感謝の県民の集い

9月27日、大分市内で「安倍元総理への弔意と感謝の県民の会」が開催された。国東会場と合わて200名が参加し「国葬の儀」中継を拝観した(同県民の会主催)

 

【宮崎】元総理追悼祭を斎行

9月25日、宮崎県護国神社で安倍元総理追悼祭を斎行(追悼祭実行委員会が主催)。

参列者代表より弔意の表明。元総理の講演ビデオを拝観、献歌を奏上。24名が参列。

 

【鹿児島】弔意記帳と献花を実施

9月27日、鹿児島市内の自民党鹿児島県連玄関はじめ、鹿屋市・曽於市・霧島市の

各会場で弔意記帳所を設置し献花を受付(主催・自民党の鹿児島県連)

★★★「防衛力の抜本的強化を求める緊急集会」が開催さる(令和4年12月15日)【録画放映中‼】

国民運動安全保障

12月15日、「防衛力の抜本的強化を求める緊急集会」が開催され、同時にライブ中継も行われました(主催:防衛力の抜本的強化を求める緊急集会、共催:日本会議国会議員懇談会・日本会議、美しい日本の憲法をつくる国民の会)。

テーマは、「首相の国際公約『防衛力の抜本的強化』実現を!―防衛費GDP比2%以上で、反撃能力を」。

はじめに主催者代表のジャーナリスト・櫻井よしこ氏、古屋圭司氏(日本会議国会議員懇談会会長)が挨拶が行い、各党を代表して木原稔氏(自民党安全保障調査会幹事長)、佐藤茂樹氏(公明党外交安全保障調査会長)、馬場伸幸氏(日本維新の会代表)、玉木雄一郎氏(国民民主党代表)から挨拶が行われました。

各界からは、第5代統合幕僚長の河野克俊氏、エコノミストの会田卓司氏、元拓殖大学大学院客員教授で情報史学研究科の江崎道朗氏から、それぞれの専門的立場から提言が行われました。

最後に、政府・各党への「要望書」が発表され、各党代表に手交されました。

緊急集会の全映像と「要望書」を以下に掲載いたします。

■緊急集会【全映像】
https://youtu.be/kQmBrQanLRg


■要望書

防衛力の抜本的強化を求める要望書

「国家安全保障戦略」等の防衛3文書の改定が間近となっている。岸田首相は防衛費のGDP比2%確保を指示し、今後5年間で43兆円の予算の確保を決断した。さらに「反撃能力」の保有が記載されている。

こうした政府与党の決断は、我が国の国家意思の表明として評価できる。

そもそも防衛力の抜本的強化は、首相が国会で表明し、国際的にも日米、日豪首脳会談で表明するなど国内外の公約となっていた。

背景には、ロシアによるウクライナ侵略という国際環境の劇的な変化がある。北朝鮮は日米のミサイル防衛網の突破を画策し、今年だけでミサイル発射を30回以上行った。中国は台湾への武力統一を否定せず、台湾周辺の我が国排他的経済水域への弾道ミサイル発射など、挑発を繰り返している。

我が国はロシア、北朝鮮、中国という「力による現状変更」を企てる国に囲まれているにもかかわらず、防衛予算は過去50年GDP比1%の枠内に抑えられてきた。この間、中国の軍事費は30年間で約40倍へと突出し、日本に到達する能力を持つ弾道ミサイルは既に1900発を保有するに至った。3年後には、西太平洋での米国の軍事力を凌駕すると米国は危機感を抱く。

一方の自衛隊は武器弾薬の不足により継戦能力がなく、装備や設備の老朽化、防衛産業の撤退と技術開発の遅れが著しい。

欧米各国が国際情勢の変化に伴い応分の負担へと舵を切る中、日本にも自由で民主的な国際秩序維持のため、その責任を果たすことが世界から期待されている。

政府及び国会の各党においては、厳しい安全保障環境と日本に課せられた使命を念頭に、防衛力を抜本的に強化することが結果的に抑止力を高めるとの覚悟をもって、次の点に尽力されるよう求める。

一、我が国の独立と領土・領海・領空を守り抜き、「力による現状変更」は絶対許さないという日本の立場を内外に宣明し、5年以内の防衛費のGDP比2%以上を確実に達成すること。

二、反撃能力の整備にあたっては、真に有効な抑止と対処の仕組みを構築すること。

三、領土・領海・領空の警備に隙間を作らないよう、自衛隊、警察、海上保安庁等の連携と対処能力を高めること。

四、宇宙、サイバー、電磁波など新たな領域での侵略への対処能力を向上させること。

五、国家安全保障の観点から、食糧、エネルギー、資源などの確保に努め、国民生活の維持に万全を期すこと。

六、デフレからの脱却がなされていない経済状況の中、国民の声と乖離した「増税ありき」の拙速論議によって真の防衛論議を委縮させないこと。

七、自分の国は自分達で守るという自主国防の理念を明らかにするため、憲法に、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つ自衛隊の明文規定を置くことについて、国会で速やかな合意形成と発議をはかること。

以上、要望する。

令和4年12月15日
防衛力の抜本的強化を求める緊急集会
日本会議国会議員懇談会・日本会議
美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法フォーラム・講演会・研修会【中央・北海道・群馬・神奈川(川崎市・藤沢市)・新潟・静岡・愛知・岐阜】

国民運動憲法

【中央】 第24回公開憲法フォーラム

●01 中央日憲法フォーラム

5月3日、民間憲法臨調、憲法国民の会共催で「第24回公開憲法フォーラム」が

東京にて開催。500名が会場参加し、オンラインで1万3千名が視聴した。

 

【北海道】 元谷外志雄氏招き道民の集い

●02 北海道憲法講演会 

5月3日、「美しい日本の憲法をつくる道民の集い」が札幌で開催。元谷外志雄氏

(アパグループ会長)が講演、150名が参加。 美しい日本の憲法をつくる道民の会

が主催した。

 

群馬】 群馬で憲法フォーラム

●03 群馬憲法フォーラム

5月3日、「群馬憲法フォーラム」が前橋市で開催。70名が参加し中央憲法

フォーラムを視聴。 美しい日本の憲法をつくる群馬県民の会が主催した。

 

【神奈川】 川崎市で第9区憲法フォーラム

●04  憲法フォーラム神奈川9区

5月7日、「憲法フォーラム令和4年神奈川9区」が川崎市で開催。松本尚氏

(衆議院議員・日本医科大特任教授)が講演、120名が参加。

(県第9区憲法改正国民投票連絡会議主催)

 

【神奈川】 憲法フォーラムin藤沢・寒川

●05 神奈川憲法フォーラム藤沢・寒川①

5月15日、:藤沢市で「第2回憲法フォーラムin藤沢・寒川」が同実行委員会主催

で開催。松本尚氏と田北真樹子氏(『正論』編集長)が講演し150名が参加した。

 

【新潟】 糸魚川で憲法フォーラム

●06 新潟県糸魚川会場

5月3日、「憲法フォーラムin糸魚川」が開催(自民党新潟第6支部主催、

日本会議糸魚川支部共催)。中央の公開憲法フォーラムのインターネット

中継が行われ、57名が参加。

 

【静岡】 富士市で憲法講演会

●07 5月3日静岡県富士市憲法フォーラム①

5月3日、「第9回富士市憲法講演会」が開催(日本会議富士支部主催)。

楊海英静岡大学教授が講演、細野豪志衆議院議員を迎えパネルディス

カッションが行われ、150名が参加。

 

【愛知】 第16回愛知憲法フォーラム

●08 愛知県憲法フォーラム①

5月3日、「第16回愛知憲法フォーラム」が開催(憲法愛知県民の会・日本会議

愛知県本部・日本女性の会愛知共催)。国会議員、地方議員の意見表明、

憲法改正学生キャラバン隊活動報告があり、50名が参加した。

 

【岐阜】 県下6会場で憲法行事

●09 岐阜県憲法フォーラム(東濃会場)

5月3日、「憲法と現代日本を考える集いin岐阜」が開催、公開憲法フォーラム

を中継。岐阜・西濃・各務原・山県・飛騨・東濃会場で236名が参加。

憲法岐阜県民の会が主催。

憲法フォーラム・講演会・研修会【京都・大阪(大阪市・3区)・兵庫・広島(1区2区・3区)・高知】

国民運動憲法

【京都】 京都で憲法フォーラム

●10 京都憲法フォーラム①

5月3日、京都市で「憲法フォーラムin京都」が開催された(日本会議京都主催)。

中央の憲法フォーラムを中継し、30名が参加した。

 

【大阪】 第21回憲法フォーラム

●11 大阪府憲法フォーラム②

5月3日、大阪市で「第21回憲法フォーラム」が憲法大阪府民の会の主催

(後援日本会議大阪)で開催され、160名が参加。自民党、日本維新の会

の国会議員が講演した。

 

【大阪】 第3区で国民投票連絡会議結成

DSC_0866

5月23日、住吉大社にて青山繁晴氏(参議院議員)の講演会が行われ、あわせて

「大阪府第三選挙区国民投票連絡会議」の結成が宣言された。300名が参加。

 

【兵庫】 神戸で公開憲法フォーラム

●13 兵庫県公開憲法フォーラム

5月3日、「公開憲法フォーラムin神戸」が開催(兵庫県神戸市「国民投票

連絡会議」他共催)。中央の憲法フォーラムを中継、100名が参加。行事

には、憲法改正街頭活動を展開し、自衛隊明記の訴えを行った。

 

【広島】 広島市で憲法研修会

●14 広島市1区・2区憲法研修会

5月3日、広島市で「憲法研修会in広島市」が開催(県第1・2選挙区国民投票

連絡会議他が協力、主催は自民党選挙区支部)。ナザレンコ・アンドリー氏が

講演、160名が参加。

 

【広島】 3区憲法座談会開催

●15 広島市3区憲法座談会

5月3日、広島市で「広島県第三区憲法座談会」が開催(県第3選挙区国民投票

連絡会議が協力、主催は自民党比例区支部)。ナザレンコ・アンドリー氏が提言、

100名が参加。

 

【高知】 櫻井よしこ氏招き講演会

●16 5月14日高知 櫻井先生講演会①

5月14日、高知市で櫻井よしこ時局講演会が開催、600名が参加。テーマは

「サンフランシスコ講和条約締結70年」、日本会議高知が主催した。

憲法フォーラム・講演会・研修会【福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・鹿児島】

国民運動憲法

【福岡】 第5回憲法フォーラム

●17 福岡県憲法フォーラム①

5月3日、福岡市で「第5回憲法フォーラム」が憲法福岡県民の会が主催して開催

された。150名が参加。用田和仁氏(元陸自西部方面総監・元陸将補)が講演した。

 

【佐賀】 佐賀でトムソン氏講演会

DSC_0370.JPG

5月3日、佐賀市で「「中国の静かなる侵略~台湾・沖縄を日本はいかに守るか」

と題しアンドリュー・トムソン氏 (豪州元五輪担当大臣)が講演、300名が参加

(日本会議佐賀主催)。

 

【長崎】 長崎で憲法フォーラム

●19 長崎・フォーラム(古賀友一郎参議講話

5月3日、長崎市で「憲法フォーラムin長崎」が憲法長崎県民の会主催で開催。

公開憲法フォーラム中継を視聴。古賀友一郎参議院議員の憲法講話を受講、

60名が参加。

 

【熊本】 憲法フォーラムに450名

●20 熊本県憲法フォーラム

5月3日、熊本市で「憲法フォーラム熊本」(同実行委員会主催)が開催。

岸田首相のビデオメッセージを上映、木原稔衆議院議員が自衛隊の憲法明記

に関し講演、450名参加。

 

【大分】 大分で江崎道朗氏講演会

●21 5月3日 大分県①

5月3日、大分市で「令和4年憲法講演会in大分」(大分憲法県民の会主催)が開催。

評論家の江崎道朗氏が安全保障と憲法改正について講演、100名が参加した。

 

【鹿児島】 鹿児島で憲法フォーラム

●22 5月3日鹿児島県憲法フォーラム②

5月3日、鹿児島市で「公開憲法フォーラムin鹿児島」が憲法鹿児島県民の会

主催で開催された。中央の憲法フォーラムを中継した。150名が参加した。

沖縄祖国復帰50周年、地方議員連盟の活動より

国民運動歴史

【沖縄】 祖国復帰50年を祝う記念行事

●23  5月14日沖縄祖国復帰の日前日祭①

5月14日、「尚家と祝う沖縄県祖国復帰50周年 祖国復帰の日前日祭」が

那覇市にて開催(主催・同実行委員会)。音楽フェスタ、記念パレードが

実施され、200名が参加した。

 

【福岡】 九州議連総会で安倍晋三氏(元内閣総理大臣)講演

●24 九州地方議連総会

4月2日、福岡市にて日本会議九州地方議員連盟総会が行われ、500名が参加。

第2部では安倍晋三氏(元内閣総理大臣・衆議院議員)が講演した。

8月15日、靖國神社から「戦歿者追悼国民集会」を開催さる(映像公開中)

国民運動靖国

令和4年8月15日、「第36回戦歿者追悼中央国民集会」を英霊にこたえる会、日本会議の共催で開催いたしました。(本年も新型コロナ感染症対策のため、靖國神社からネットライブ中継で実施)
集会の映像と概要、声明文は下記の通りです。

 

◆ライブ配信した内容は、下記アドレスからご視聴できます
220815サムネイル_03

https://youtu.be/3NWwK618Snw

 

◆「英霊顕彰の国民運動にご寄付を」
http://www.nipponkaigi.org/kifu

 

「第36回戦歿者追悼中央国民集会」(内容)
令和4年8月15日(月) 10:25~12:15

◆プログラム

国歌斉唱
靖國神社拝礼
終戦の詔書拝聴
主催者代表挨拶
寺島 泰三(英霊にこたえる会会長)
田久保 忠衛(日本会議会長)
各界からの提言
山谷 えり子(参議院議員)
ナザレンコ・アンドリー(ウクライナ出身・政治評論家)
落合 畯(元海将補)
戦歿者への黙祷(正午に合わせて)
天皇陛下のお言葉拝聴
声明文朗読
「海ゆかば」斉唱

共催:英霊にこたえる会、日本会議

◆声明文

声 明

我が国は、第七十七回目となる終戦記念の日を、まさに未曾有の国難の中で迎えることとなった。

まず海外に目を向ければ、二月二十四日に始まったロシアによるウクライナ侵略は未だ解決の目途が立っていない。世界有数の軍事大国であり、国連安保理常任理事国がひとたび「力による現状変更」を決意すれば、外交による解決努力は徒労でしかない、という冷厳な事実を世界中に突きつけることとなった。さらには我が国自体が「力による現状変更」を目論む中国・ロシア・北朝鮮に取り囲まれており、中ロ両国は我が国周辺海空域での共同軍事行動や尖閣諸島周辺海域での領海侵犯、北朝鮮はミサイル発射実験を繰り返すなど、我が国への軍事的威圧を繰り返している。

一方、国内では新型コロナウイルス感染症が七回目の大流行に突入し、再び医療提供体制が危機に陥いるとともに、経済活動にも大きな影響を及ぼしている。まさに我が国は内憂外患のさなかにあるといって過言ではない。

周知のように、戦後日本では、我が国を一方的に断罪した東京裁判史観の影響の下で、「平和主義」なる美名のもと、我が国の主権と国民の生命・財産を守るべき国家の責務を軽んずる悪しき風潮が長らく社会に蔓延してきた。

しかし、今日、国民意識は劇的に変化しつつある。先に行われた参議院選挙では、憲法改正に前向きな自民・公明・維新・国民四党は、改憲発議に必要な三分の二の一六六を超える一七七議席を確保するに至った。

また参議院選挙後に行われた世論調査の結果として、新聞各社とも憲法改正への支持が過半数を超えていると報道している。さらには朝日新聞でさえ、岸田政権の下で憲法第九条を改正し自衛隊の存在を明記することに、五一%が賛成していると認めている。

我が国に時間を空費する余裕はない。我々は、憲法改正実現のため、憲法審査会における議論の促進と一刻も早い改憲発議を実現すべく、国民運動に邁進する決意である。

だが、我が国がこの重大局面を迎えているまさにその時に、戦後体制からの脱却を目指して、憲法改正をはじめ、国家の基本にかかわる諸問題に関して、長らく先頭に立って取り組まれてきた安倍晋三元総理の突然の訃報に接した。誠に無念の極みである。安倍元総理の、これまでの多大なご功績に対して深く感謝申し上げるとともに、衷心より哀悼の意を表する。

我々は、ここ靖國神社に鎮まります二四六万余柱の英霊の前に、あらためて、令和の御代において美しく正しい日本国の再生を目指して、これまで以上に多彩な国民運動を展開し、これによって内閣総理大臣による靖國神社参拝の再開と定着、さらには天皇陛下の靖國神社ご親拝実現への道を拓くことを、強く誓う。
右、声明する。

令和四年八月十五日
第三十六回戦歿者追悼中央国民集会
英霊にこたえる会
日 本 会 議

このページの先頭へ

Copyright © Japan Conference. All rights Reserved.