[防衛]17日にも、「国家安全保障戦略」「防衛大綱」「中期防衛力整備計画」が、閣議決定
日本会議 > オピニオン > 安全保障 > [防衛]17日にも、「国家安全保障戦略」「防衛大綱」「中期防衛力整備計画」が、閣議決定

[防衛]17日にも、「国家安全保障戦略」「防衛大綱」「中期防衛力整備計画」が、閣議決定

[防衛]17日にも、「国家安全保障戦略」「防衛大綱」「中期防衛力整備計画」が、閣議決定

安全保障

自民党は12月11日、「安全保障調査会・外交部会・国防部会合同会議」を開催し、今月17日にも閣議決定される「国家安全保障戦略」「防衛計画の大綱」「中期防衛力整備計画」について、政府部内での検討状況の報告を受けました。

この度、初めて国の方針として、「国家安全保障戦略」が、おおむね10年を想定して策定されます。
「朝日新聞」の報道では、自民党と公明党は、この「国家安全保障戦略」に「愛国心」を明記する方針を了承したが、「愛国心」の記述の仕方について、自民党と公明党との間で隔たりがあると伝えています。

現状の記述では「諸外国やその国民に対する敬意を表し、国を愛する心を育む」となっておりますが、「国を愛する『心』」の記載について公明党が難色を示し、教育基本法の記述にあわせるよう求めていると報じています。
教育基本法では、「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養う」となっています。

公明党の意識は『心』の記載にありますが、そもそも原案が、「他国への敬意」が先に来て「愛国心の育成」が後に来ているところは、注視していきたい点です。

トピックス : 自衛隊

このページの先頭へ

Copyright © Japan Conference. All rights Reserved.