杉尾秀哉氏の個人演説会での発言に関する見解
日本会議 > オピニオン > 憲法 > 杉尾秀哉氏の個人演説会での発言に関する見解

杉尾秀哉氏の個人演説会での発言に関する見解

杉尾秀哉氏の個人演説会での発言に関する見解

憲法

去る6月22日 長野市内で開催された個人演説会で、参議院議員候補の杉尾秀哉氏は「日本会議が考えている憲法改正は、大日本帝国憲法の復活です」と発言しました。

この発言は、一連の虚偽の報道に基づいており、有権者に誤解を与えるものであり、強く抗議し訂正を求めます。

日本会議は、その前身の「日本を守る会」「日本を守る国民会議」結成以来、一貫して憲法改正を訴えてきました。

日本会議は、平成3年に「日本国憲法制定宣言」を公表して、新憲法の制定を提唱し国民運動を開始し、平成5年に「新憲法大綱」を発表しています。

その後、「新憲法研究会」を設置して議論を重ね、平成13年に『新憲法のすすめ』(明成社)として解説書を公刊しております。

このように、結成以来今日まで「大日本帝国憲法復活」などの方針を掲げたことは一切ありません。

このページの先頭へ

Copyright © Japan Conference. All rights Reserved.