5/3民間憲法臨調が提言 ([動画]5/2 記者会見の櫻井よしこ代表・提言)
日本会議 > 国民運動 > 憲法 > 5/3民間憲法臨調が提言 ([動画]5/2 記者会見の櫻井よしこ代表・提言)

5/3民間憲法臨調が提言 ([動画]5/2 記者会見の櫻井よしこ代表・提言)

5/3民間憲法臨調が提言 ([動画]5/2 記者会見の櫻井よしこ代表・提言)

国民運動憲法憲法

5月3日、民間憲法臨調は、第14回公開憲法フォーラムを開催いたしました。民間憲法臨調の代表に就任した櫻井よしこ氏が基調講演を行い、民主党憲法調査会長・中野寛成氏(民主党)、自民党憲法改正推進本部長・保利耕輔氏、たちあがれ日本代表・平沼赳夫氏、みんなの党政調会長・柿沢未途氏が各党からの提言を行いました。

これに先立ち、5月2日、衆議院議員会館で記者会見が行われ、「提言」を発表するとともに、衆参の憲法審査会が、速やかに憲法改正に向けた手続きを開始するよう求めました。会見には、櫻井よしこ代表、西修運営委員長、百地章事務局長らが出席しました。

●5/2記者会見での櫻井よしこ代表の提言

-------------------------
[提言]
国家の主権を守り、国民の安全を確保するため、国会の憲法審査会は具体的な憲法改正案
の検討を開始せよ!!

長らく休眠状態が続いていた国会両院の憲法審査会が、昨年末、ようやく始動し、参議
院憲法審査会は「東日本大震災と憲法」というテーマを取り上げ、調査活動を開始した。
しかしその一方で、衆議院憲法審査会は、憲法改正国民投票の投票権年齢などの入り口論
に終始し、国民が期待する具体的な憲法改正案の審査・発議にはほど遠い段階にある。

この間にも、わが国を取り巻く国際情勢は厳しさを増している。去る四月十三日、北朝
鮮は、国際社会からの度重なる中止要請を無視し、人工衛星と称して弾道ミサイルの発射
を強行した。中国もまた、わが国固有の領土である尖閣諸島海域において公船による領海
侵犯を繰り返すなど、攻勢を強めている。さらにロシアや韓国による北方四島や竹島の不
法占拠も一向に解決をみない。にもかかわらず、日本政府は何ら積極的な対応策を取れな
いでいる。

他方、国内的にも、東日本大震災による未曾有の人的・物的被害からの復興、原発事故
への対応、それをふまえてのエネルギー政策や、首都直下型地震など新たな巨大地震への
備えなど、喫緊の課題が山積している。

国家の主権と国民の安全を脅かすこのような重大事が発生するたびに露呈するのは、わ
が国政府の対応の遅れ、無力、無策である。その背景には、戦後六十七年間にわたり、外
交・防衛・安全保障問題に関し、与野党間に共通認識が形成されないままできたことがあ
る。そのため、すべての国民の安全や生存にかかわる問題に挙国一致して対処することが
できないでいる。

この憂うべき状況の根源は、現憲法が、非常事態への対処という、国家の果たすべき当
然の役割をおろそかにしていることにある。非常事態を想定しない現憲法を改正し、いか
なる国難に際しても、国の主権・独立、国民の生命・自由・財産を保全しうる強固な法治
国家の体制を構築することが必要である。

憲法審査会が設けられて以降、諸政党における憲法問題への取り組みが再開され、現時
点で、自由民主党、みんなの党、たちあがれ日本の三党が、党として憲法改正案を発表し
た。これを機に、与党はじめ諸政党はもちろん、国民各層においても、憲法改正の具体的
な方向と、あるべき「国のすがた」について活発な議論が展開されることを期待したい。

本会は、国権の最高機関たる国会が、国益と国民生活をまもるため、国民の負託に真摯
に応え、憲法審査会において、憲法改正の発議に向けた実質的な作業を速やかに開始する
ことを強く要望するものである。

右、声明する。

平成二十四年五月三日

「二十一世紀の日本と憲法」有識者懇談会(通称 民間憲法臨調)

トピックス : 憲法改正

このページの先頭へ

Copyright © Japan Conference. All rights Reserved.