[報告]2/29 日本会議国会議員懇談会が、「女性宮家」創設問題で第1回勉強会を開催(講師:八木秀次氏) 
日本会議 > 国民運動 > 国会議員 > [報告]2/29 日本会議国会議員懇談会が、「女性宮家」創設問題で第1回勉強会を開催(講師:八木秀次氏) 

[報告]2/29 日本会議国会議員懇談会が、「女性宮家」創設問題で第1回勉強会を開催(講師:八木秀次氏) 

[報告]2/29 日本会議国会議員懇談会が、「女性宮家」創設問題で第1回勉強会を開催(講師:八木秀次氏) 

国会議員

2月29日、衆議院議員会館で、日本会議国会議員懇談会による第1回の「女性宮家」創設の問題についての勉強会が開催されました。
勉強会は、高崎経済大学の八木秀次教授を講師に迎えて行われました。

240229IMG_0035

八木氏は、官邸で行われている皇室制度に関する有識者ヒヤリングについて、「女性宮家創設が前提となった質問事項になっており、ヒヤリング段階で既に結論を出している。不公正な感を否めない」と述べられました。
また、ヒヤリングを進める内閣官房参与に就任した園部逸夫氏について、「園部氏は、かなり以前から女性宮家創設、その発展としての女系天皇の誕生を待ち望んでいる人物であり」「女性宮家は女系天皇につながり、男系皇統は終わると認識している」ことをこれまでの園部氏の著述などから指摘され、さらに「園部氏は、憲法には『世襲』とだけ書いてあって、その『世襲』の意味内容について男系でなければならないとは書いていないと言う趣旨の発言や著述をしている。その根拠は『広辞苑』であることが著書に明記されており、このような浅薄な論理で女系論が進められている」と指摘されました。
八木氏の講演の後、参加の国会議員により活発な意見交換がなされました。

※八木秀次氏の講演の詳細は、『日本の息吹』平成24年4月号に掲載しております。

トピックス : 皇室

このページの先頭へ

Copyright © Japan Conference. All rights Reserved.