[報告]日本会議国会議員懇談会、中国問題で勉強会を開催
日本会議 > 国民運動 > 国会議員 > [報告]日本会議国会議員懇談会、中国問題で勉強会を開催

[報告]日本会議国会議員懇談会、中国問題で勉強会を開催

[報告]日本会議国会議員懇談会、中国問題で勉強会を開催

国会議員

11月16日、衆議院議員会館で、日本会議国会議員懇談会の勉強会が開催されました。
元警視庁刑事・北京語通訳捜査官の板東忠信氏が講師として招かれ、「中国の我が国に対する間接侵略の実態について」をテーマに講演がおこなわれました。

231116kokaigiren

板東氏は始めに、中国人の思考自体が日本人とは全く異なることを指摘。その一例として、「日本人の場合、友人には迷惑はかけられないと考えるが、中国人の場合は、友人だから無茶なお願いをするのは当たり前だと考える」ことをあげ、「従って日本社会と中国社会は全く異なる」と述べられました。

在日中国人の問題として、中国人が経営している中華料理店や中国雑貨店に設置・配布されている中国人向けのフリーペーパー(中国語)に掲載されている広告が紹介された。

板東氏は、「広告の方が、その記事よりも中国人の本当のニーズを示している」と前置きした上で、掲載広告のコピーを提示。「保証人」と「電話番号」が大きく記された広告を指し、「日本に入国する際に、偽の申請旅券で日本人になりすまして入国し、オーバーステイしているので保証人が必要になる。住居、店舗、定住の保証人を請け負う広告である」と説明された。

中には、《不法滞在、密入国、なりすましの方と、日本人や定住資格者との結婚手続きをして、特別在留許可申請で「黒」を「白」にしますという》と、あからさまに中国語で書いてある広告も紹介された。

また、外国人の犯罪件数と日本人の犯罪件数を平成21年のデータを元に比較したものを提示され、外国人登録者全体では、日本人と比べて中国人の犯罪発生率は、4.05倍で非常に高いことを指摘。現在、登録者数は70万人であるが、その数は増加し続けており、中国人犯罪は深刻な問題であると語られた。

さらに、日本の不動産業者を窓口として、外資が不動産を買い取っている問題もあげられ、「日本の国土が切り売りされている」と危機感を示された。

国会議員からは、「中国人問題にどう対応したらいいと考えるか」「外国人参政権付与の問題についてはどうか」「サイバーテロについては」など多数質問が出された。

板東氏は最後に、「今後数年で人民解放軍・陸軍で若い兵士を中心に80万人がリストラされると言われているが、リストラされた若者が留学生(工作員)として日本に入っているのではないか。今後は、文科省や、国内治安、米中関係、ベトナム・中国の関係に詳しい人物など、中国問題を中心にそれぞれの分野で専門家を集めて、『対策室』を作らなければ、中国問題の総合的な解決は難しいのではないか」との考えを提起された。

トピックス : 中国問題

このページの先頭へ

Copyright © Japan Conference. All rights Reserved.